カンポットペッパー

pepper HATAKE

篤家より販売中のカンボジア産胡椒。製造元は岡山県に本社と作業所がある株式会社フォレストジャパン様です。そこでは、公的検査機関である岡山県健康づくり財団にて保健所からの指示のあった検査を受け、厳正な商品、品質管理を経て商品されています。

かねてより販売していた胡椒も無農薬、フェアトレードでしたが、実は今年の初めころから、胡椒畑がさらに有機栽培を徹底させて作っているカンポットペッパーに変更されました。

杉田さんブログより

生産者の代表である杉田健彦さんは、日本の大手IT会社で24年間働き、理事まで務めた後退職。50歳を過ぎて2011年に新天地を求めてカンボジアで天然ゴム農園を始めて、今では、胡椒、キャッサバと農園を広げており、熱心で誠実な畑の作業の様子を自身のブログで紹介しています。皆様にもぜひ、ご覧いただきたいです。

杉田建彦さんカンボジア農園記→杉田さんブログ

カンポット州と南隣のケップ特別市の100件程の有機農家でカンポットペッパー協会という団体を組織して、この団体が有機栽培のガイドラインを定めており、そのガイドラインを順守したと認められた農園が「カンポットペッパー」のブランドを使うことができます。

カンポットペッパー協会の有機ガイドラインは、100年前からの伝統農法をベースにしていて、肥料や害虫対策も全て自然のものを使っているため化学肥料や農薬は一切使いません。

杉田さんブログより2

有機栽培については、有機認証の世界基準と言われているフランスのエコサートも取得しています。(日本のJASはこれを基にしている)

2012年の1月16日号のTIME誌では、「普通の胡椒はテーブルワイン。カンポットペッパーは良質のボルドーワイン」っとカンポットペッパーを賞賛しています。

杉田産ブログより3

日本に入っているほとんどの胡椒は大量生産しているインドやマレーシア、ベトナム産のものですが、味と香りに大きな差があるのは、こういう理由だからなのですね。

カンボジア支援学校

また、フォレストジャパンの森さんは、岡山県の岡山学芸館高等学校で教員としても活躍しており、カンボジアと日本において教育や再生エネルギーの開発などで交流と進展を深めている方です。最近では、特に日本での自然栽培に力をいれて農業の大切さを生徒たちに教えています。

以下、OKAYAMA.natureより抜粋↓

「良質な土から作られる無農薬栽培の胡椒。カンボジアの胡椒に惚れ込み現地で栽培を始めて6年という 森 雄次郎 さん。カンボジアの方々の細かい丁寧な仕事内容を愛情たっぷりに語って下さいました。現地の人々に継続的な仕事を!と輪を広げて繋げておられます。
全てが手作業の為どうしても少し高価になってしまいますが、ひと粒口に含むと広がる辛みとハッとする香りに驚きと感動が押し寄せて頬がゆるみます。無農薬栽培で良質な胡椒。納得!なのです。野菜と合わせたい!魚料理、肉料理!デザート何でも合うだろうなとわくわくします。

森さんが力を入れられているのがやはりこちらも完全無農薬・無肥料 米とジャガイモ。
“奇跡のりんご” の木村さんと共に作り上げた圃場。学芸館の生徒さんと自然栽培米を作り始めます。 もうひとつの圃場、 球根が窒素を作ることを利用して真ん中に枝豆を植え、その両端にジャガイモを植え、必要な雑草たちを植える。そうした環境の育てられた健康なジャガイモ。ぽこっと抜いてほいっと渡される。土を洗ってかじるとりんごのような歯応えとみずみずしいでんぷん質の甘み! 口いっぱいに広がりました。

農作業をする時の生徒の溢れる笑顔と輝いた目が何よりの副産物、と嬉しそうに話す森さん。生徒さんと一緒にまだまだいろんな農作物を作っていきたいと飽くなき探究心は続く事と思います。」

森さんの奇跡のりんご畑

森さんは、いつも飛び抜けて元気でとっても熱くて、エネルギーにみなぎってます。今では、取引先という枠を超えた絆でつながっている方です。森さんも私を大切な同志と言ってくださっていますが、ほんとうにカンボジアを通して目指す方向が同じであることに、心強さと勇気をいつももらっています。

2012年にカンボジア行った時の写真↓右が森さんです。

森さんと

現地では、森さんのたくさんのカンボジアのお友達を紹介してくれて、森さんが支援している日本語学校や孤児院施設、バイオエネルギーの生産や胡椒畑を紹介してくれました。

ペッパー警部

去年の夏から篤家はアンコールペッパーをオリジナルラベルで販売させていただいていますが、その前はこのラベルで販売。よく、現地の人の顔ですか?っと聞かれましたが、森さん本人の顔です。しかし、そっくりですね。^^

カンボジアkids

2年前、去年、と行きたくても行けなかったカンボジア。

今年こそは、行きたいなあっと願っています。

味良し、人良し、のカンボジアのカンポットペッパー。

香辛料のダイヤモンドと呼ばれるにふさわしい逸品です。

これからも、生産者、製造者の誠実な過程を壊さないように販売者として精進していきたいです。皆様も応援、引き続きよろしくお願いいたします。

カテゴリー: Diary, お知らせ | コメントは受け付けていません。

お詫びとお知らせ

【お詫びとお知らせ】
先日行われた青空アート市で、胡椒ペーストをお買い上げいただいた方より、オリーブオイル漏れがあったとご指摘いただきました。こちらで念のためいつも用意しているはずの袋が無く、そのまま渡してしまい、その時に傾けずにお持ち帰りいただく注意事項をお伝えそびれてしまった方もたくさんいらっしゃるかと反省しております。

オイル漏れがあった方はただちに新しい商品を郵送させていただきます。また、それに伴う服やカバンへの汚れや事故におきましても対応させていただきますので、お手数ですが、090-39198759へお電話いただくか、pepper@atsuyashop.comへ、お名前と住所をご記入の上ご連絡ください。

今後このようなことがないよう管理、販売注意を徹底して参りますので、改めてご愛顧のほどよろしくお願い致します。

篤家 佐藤敦子

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

青空アート市

葉山芸術祭の目玉イベント、森山神社の青空アート市。

今日、日曜日も森山神社で10:00-17:00で開催します!!

個性豊かな出店で大人から子どもまで楽しめますよ^ ^

篤家も出店してます。

akira

葉山ではじめての女性漁師、晶に久しぶりに会えました。彼女の活躍はメディアや噂で良く聞いていて、その度嬉しくなってた。魚のカンボジアバッグを買ってくれて、お似合い&ごきげん^ ^ 胡椒の塩漬けも美味しい美味しい!と大興奮してくれて、みんなに宣伝しまっくってくれた。

彼女とはもう11年来の友達。葉山のこと、自然環境が壊されていることへの危機感、ドキュメント映画ガイアシンフォニー、、、彼女がいたおかげでたくさんのことを知ることができました。

何より、今や私にとっての心のふるさと?でもあるブルームーンを紹介してくれた恩人!

葉山丼

写真はそんな晶がつくってくれた、陸の家カラバシのオススメメニュー、葉山丼。胡椒との相性も抜群でした。  晶、ありがとう!

私は、このカンボジア胡椒にたくさんの希望と可能性を感じています。

さーーーあ、今日も、自信をもって、カンボジア胡椒をおすすめしてきます!

 

 

 

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

valuable eyesight

芽

クレソンとバジルの芽が出てきました。種を植えて、芽が出たこの時の可愛いこと!

芽2

今年はこれとは別に去年のクレソンから種が採れました。種が自然に落ちた後の一本の草木は、驚く程弱い力で抜けることを体験。それまでは、根っこが土をめぐり、少し力が必要でした。

種のあと

役目を果たした後の草木は根っこすら乾燥していて、どこかさみしいけど、次につながる種を作ったからか誇らしい。私は本や情報は入れず、思考錯誤で育てているからか、毎回何かに感動したり、失敗したり。

そういえば、この冬、面白いことがありました。

私は、植物というのは、色がそのときはじめて見たときから変わっていなかったら、その植物はまだ生きているんだと思って、たいがいそのままにしておきます。水も気づいたら、変える程度。

そんなこんなで、半年くらいたって、ほこりをかぶった緑から、、

葉っぱの裏から花が咲いていたんです!↓見えますか?

!

これはもともと切り花の花束と一緒にあったもの。

こういう植物なのかなあ。とにかく、見てビックリ。

まさか、ほこりをかぶったから下に生えてきたわけないよなーっと思いながら、「埃まみれにしてごめんよ」っとふいてあげるようになった今日この頃。なんと、今度は葉っぱの表面が膨らんできているではないか。笑 どんな植物だったとしても、その生命力には驚かされる。

ガジュ親

百円ショップで買った小さかったガジュマルもどんどん大きくなっている。

ある日、たまたま枝を折ってしまい、どうしたものかととりあえず水につけたら、全然枯れない。枯れないどころか、2ヶ月後くらいに根っこがでてるのに気付き、感動!これを植えれば、どんどん増えていくのかなあとやってみる。

ガジュ息子

こうして、このガジュマルは今までに7本の子供(?)を分けて、いろんな人の元へと旅立っていったのでした。

いつも植物から命を学びます

私は、花が好きです。だから、花をもらうってとっても嬉しい。

kensaku san

それが思いがけない人からなら、それはもう、とびあがるほど嬉しい。

こんなに色彩を楽しめる視力があることも、当たり前のようで、

そうではないことは、植物以外に、身近な人からもいつも学んでいます。

皆さまも、色彩を愛でる喜び、どうぞ大切になさってくださいね。

with kamu

 

カテゴリー: Diary | コメントは受け付けていません。

to tide over

 

r.i.p yu san

明日から火、水、木の3日間、天気が心配ですが、篤家は芸術祭参加でオープンします。来店予定の方は気をつけていらしてくださいne。

16(土)、17(日)は葉山の森山神社で開催の青空マーケットに出店します。

mint

 

篤家の仕事、のんびりしているように思われがちですが、やることは盛りだくさん。

自営業って、商売って、決して、楽しいことばかりでありません。

でも、どんなことも自分でやってみることで、些細な作業の積み重ねの大切さに気づいたり、様々な失敗からは、必ず学びがあります。

そして、その失敗は必ず、次に、どこかで、何かに活かされます。

その時には、代え難い充実感があります。

日々、勉強。日々、感謝です。

これからも、いろんな予期せぬ出逢い(unexpected encounter)をこの家でお届けできますように。

 

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

葉山芸術祭

sky

ゴールデンウィークは、はじめましてのお客様が何組か篤家に来てくれて、充実でした。

play roomここに住んで今年で10年。

今までほんとうにたくさんの人がこの家を彩り、温め続けてくれました。kamu

これからも、一期一会を大切にしていきたいです。

akubi kamu

カムは、お客さんがくるとお出迎え、帰るときは寝ていなければお見送りしてくれて、

本当に看板猫になってくれています。ありがたい!

今週の9(土),10(日)も13:00-19:00でオープンしますので、どうぞお気軽にお越しくださいませ。

 

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

open

eigasai zushi

逗子映画祭のマルシェ出店も無事に終わり、昨日から葉山芸術祭の参加で、篤家をあけています。

ゴールデンウィークはどうしても道路が混んでいますが、、新緑が美しく海や空も透き通るように爽やかで、心地よい季節ですのでぜひ遊びにきて葉山、秋谷の豊かな自然を体感していただけたらと思います。芸術祭フラッグ

篤家はくつろぎスペースがあり、簡単な飲み物の販売もしていますが、飲食物の持ち込みOKですので、それぞれ思い思いにゆったり過ごしてくださいね。お気軽にお立ちよりください。

 

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

お知らせ

5/2(土),3(日)は、逗子映画祭のバザールテント内で開催されるアミーゴバザールに出店します。11:00-19:00を予定しています。

日が沈むとまだ寒いので、防寒着は忘れずに!!pepper amigo ver

この日限定で白黒フィルムのような瓶にいれたペッパー(乾燥のみ)を販売します。

大好評の塩漬けとペーストは、通常の瓶で販売します。お楽しみに!

みなさまに会えるのを楽しみにしております。

 

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

葉山芸術祭

葉山芸術祭

4/25-5/17に開催される、葉山芸術祭のガイドブック(¥100)を受け取りました。篤家は093番でした。
初参加なのでどんなものなのか少し楽しみです。っと言っても、特に篤家をいつもの通りオープンするだけなのですが。。

葉山芸術祭とは?→葉山芸術祭HP

この機会に、普段は訪れないような方々がこのパンフレットや、芸術祭のホームページをみて篤家に足を運んでいただけるのかなあと、ワクワクします。

※急遽、事情によりこのガイドブックに記載した開催日のうち4月は篤家はオープンできなくなりましたのでご了承ください。

5月は、4,5,6,9,10,12,13,14、13:00-19:00でオープンです。

16,17は森山神社での青空アート市に参加します!

映画祭

また、5月の2日(土)、3日(日)は逗子映画祭のバザール内で開催されるアミーゴマルシェに参加します。時間はまだわからないので、分かり次第お知らせします。

本当は4月からまた動き出したかったのですが、私の身体がそうもいかなかったので、お休みいただきますことをご了承ください。

気候の良い5月、楽しみましょう!

カテゴリー: お知らせ | コメントは受け付けていません。

shooting star

tomorrow's joe

大好きで大切で

尊敬していたひとたちが

次々にどこかへいってしまった。

死んだらどこへいくのか?

天へ昇るのか

土に還るのか

無になるのか

いろいろいわれているけど

いろいろ信じたいけど

自分はまだ生きているから

その辺の行方は

自分が死んでから気にすることにします

まだまだ生きる気でいるから

とにかく今は自分の生を大切にすることにします

bluemoon2014

2年前の病気の術後、森戸神社の病気・平穏の御守りとそこにさりげなく御見舞い金を包んで病院へお見舞いへ来てくれたブルームーンの店長のアサヒさん。ほんとは元気な姿で「おかげさまで元気な身体になりました」って言いたかったけど、なかなか、そんな状態になれず、まだまだこの御守りが必要そうですって一番に伝えようとした矢先の突然すぎる死。これが形見になっちゃったので御守り、一生身に付けますね。これからもブルームーンのピラミッドのてっぺんで、いつも、いつまでも、一色海岸を見守っててください。

atsuko sanBD photo

篤子さん、ほんとうに綺麗でした。同じアツコだったから、篤子さんの息子であり私の真友が昔からよく『どっちのあつこもやんちゃで困ったもんだ』って言ってました。大好きでした。真友はいつも篤子さんの話をしてくれたので、会わなくてもいつも近くにいるようでした。あいつと私は本気でけんかしたり語り合ったり兄弟のようで最高の理解者だと思ってます。これからもっと一緒に支えあっていくから見守っててください。篤子さんが特に力を入れていきたいって言っていたタイガーマスク基金。自分が大人になって、同じ想いをもっていることに、十代の頃にはない嬉しさが湧き上がったものでした。これからもできる限り携わりたいし、私も親のいない子や居場所を探している子を、自分が他の人にされてきたように、どんなに人が憎くなり信じられなくなり怒りや絶望に打ち負かされても、人生はそんなに悲しく辛いことばかりではないと、人間は美しく優しく楽しめることにあふれているんだと、諦めることなく温めてあげたいと思っています。ときどき自信がなくなるのでその時は、喝をいれてください。やっと、愛する人のもとへいけたから、どんなにか嬉しいのかと思うと少し安心します。あいつは、もちろん、寂しがっていたけど。おせっかいなことばだけど、あえていわせてください。いつもいつまでも、あいつのそばにいてあげてください。

jack

一番好きな映画の、『jack』。一年で何回も観る。何回みても、素直に湧き上がる喜怒哀楽がとても心地いい。毎回、感動が違う。毎回、ジャックが最後に言うこの言葉が胸に染みる。

人生の節目を迎えると

悪いことばかり忘れて

いいことばかりを思い出そうとする。

そして将来を考える。

“何になろうか”

そう考えて不安になる

“10年後の自分はどうか”

ー中略ー

どうせ人の命には限りがあるのだから

人生ははかない

もし悩んだら

夏の空を見上げてほしい

星のまたたく夜空を

もし星が流れて

夜が昼のように明るくなったら

願い事をして

僕を思い出せ

君の人生を輝かせてくれ

image

個人的な感情をブログに何もそこまで書かなくても、っとおもう方もいると思う。

私が、こうしてここに綴る理由は、自分の言葉を残し、確認できるということがひとつ。

もうひとつは、これを読んでいる、顔のみえないどこかの誰かに、「何か」のきっかけや、いいエネルギーが少しでも感じてもらえるのなら、本気で嬉しい。

だから、こういう時は、自分用以上に、言葉を選び、時間を割き、綴っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

今日も、明日も、外が晴れても雨でも、心は、優しく温かい日でありますように。

おやすみなさい。

カテゴリー: Diary | コメントは受け付けていません。